太陽光発電のしくみを知ろう

一戸建ての屋根などの上に、ソーラーパネルが乗っているのを見たことがありませんか。
太陽の光を吸収して、発電をすることが出来るようになっているんです。
自然エネルギーを活用して発電をするという方法なのですが、最近地球環境ですとか、人体に害もないということでも注目がされている方法です。
太陽光発電について興味があるけどどのようにして導入をすればよいのだろうか。
検討をしたいと思うが知識がないから、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでまずは、どのようなしくみで発電をすることが出来るのかを話をしたいと思います。
でははじめに、機械について説明をしましょう。
ソーラーパネルが必要になります。
モジュールも言われているので覚えておきましょう。
これは屋根の上などに取り付けをするものなのですが、直接太陽の光を当てると、電気に変換をしてくれるものなのです。
そしてモジュールをのせるために、台が必要になることがあります。
台の上にモジュールを乗せるということと、屋根と台をとめることで屋根から落ちないようにもなっているんです。
モジュールが電気に変換をしてくれますが、その後接続箱に送ります。
接続箱というのは、モジュールが変換をした電気を1本にまとめる装置のことなのです。
モジュール全体の電気を1本にすると考えると分かりやすいです。
そして接続箱を通った後は、パワーコンディショナーに運ばれていきます。
直流電力を交流電力に変換をしてくれる装置です。
その後は、分電盤を通って各部屋に運ばれていきます。
例えば2階の洋室に運ばれたりですとか、1階のリビングに運ばれて行ったりなど、家中に電気を送るための装置と考えると良いです。
電力計もあります。
これは発電をした電気を売ったりですとか、もしくは電力会社から電気を買う際に必要になります。
どれだけ電気を売ったのか、そしてどれだけ電気を買ったのかをはかるための機械です。
それぞれ必要なので2つ必要ということですね。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>