手続きの流れ

補助について話をしてきましたが、実際どのように手続きを行っていくのか?
流れについて説明をしたいと思います。
まずは業者に見積りを行ってもらって、工事の内容を決めることから始まります。
内容が決まり工事をするのを待っている状況だという場合でしたら、申請をすることが出来るようになっています。
申請をするための用紙が必要になります。
インターネット上よりダウンロードも出来るようになっているので、ホームページにアクセスをして、自宅のプリンターなどで印刷をしても良いですよ。
そのほか必要な書類もあるのであわせて揃えて、準備が整ったら郵送をするようになっています。
簡易書留など、配達をしたことが分かるようにすることが必要です。
その後受理されれば、受理決定通知が届きます。
3週間ほどで届くようになっています。
葉書で届くのですが、そこに受理番号が書かれているので紛失をしないようにしましょう。
あわせて受理決定日が書かれています。
その決定日以降に工事をすることが出来るようになっているのです。
そして工事を開始します。
特殊工事をする際には、工事中の写真が必要になることもあります。
工事が終わったらモジュールの写真ですとか、パワーコンディショナーの写真が必要になります。
それぞれ撮影をするようにしましょう。
次に補助金の交付申請にうつります。
申し込みの書類が必要になるのですが、同じくインターネット上よりダウンロードが出来るようになっています。
そのほか住民票ですとか、印鑑証明書などが必要になりますので忘れないように注意をしましょう。
必要な書類がそろったら、郵送で送付をしましょう。
この際にも簡易書留など、形に残る郵送方法を選択するようにしたいです。
その後補助金を受け取ることが出来る場合は、交付決定通知が届くようになっています。
2カ月ほど時間がかかります。
最後に補助金が振り込まれるという流れになっています。
太陽光発電導入の際には、色々と大変ですが補助の申請もしましょう。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>