東京の自社ビルで太陽光発電

私は東京の某企業で事務をしています。
わが社は東京都内に自社ビルがあり、そこの屋上の一部を太陽光発電パネルにしています。
同じ業界では、同じように東京で太陽光発電パネルを設置しているところが増え、わが社の社長が色々なところから情報を聞いてきて、節電のためにも、社員のエコ意識向上のためにも、設置しようということになりました。
nullメーカーは日本でも有名なメーカーのもので、大きなパネルなので、信頼できる業者に依頼して設置しました。
会社で使用する電力は、一般家庭と比べ物にならないほど膨大です。
それを少しでも削減することと、社員1人1人が節電を意識することを目的として設置しました。
液晶パネルは一般家庭のものより少し大きめですが、社員みんなが見やすいように設置されています。
最初はみんな面白半分で液晶パネルを覗き込んでいましたが、だんだんと女性を中心として、太陽光発電に興味を示し出すようになり、また、太陽光発電によって得た情報を毎月、全社員に周知することで、毎月どのくらいの電力を使っており、いつどの時間帯が多いのか、などを検証することができるようになりました。
たとえば、休憩時間などはパソコンをオフにする、社内の電気を消すなどの工夫を凝らすことで、毎月少しずつですが、使用電力も減ってきました
目に見えて効果が見えるととても嬉しいもので、それ以来、我が家でも太陽光発電をつけました、という社員も増えて、公私にわたって太陽光発電が普及し、みんなのエコ意識が高まっていることは素晴らしいと思います。