多摩市から始まる太陽光発電の発展

その昔、多摩にある有名な団地は市民にとって憧れの的でした。
戦後新しい形の住まいについてということで、多くの家庭が非常に魅力的だと感じ、最盛期には満員でキャンセル待ちもいたといわれている団地ですが、昨今では住人の人数も低下の一途をたどり、その住人の数割が高齢者といわれて、今後の動向に不安を寄せている住人もいました。
しかし多摩市内の市民団体が主催となり、大団地だったその頃の建物を効率よく活用しようということで、屋上に太陽光発電を設置する試みが始まっています。
再生可能エネルギーの全量買い取り制度を活用して、地域の電力をできる限りクリーンエネルギーにしようという試みは非常に理解できるといえます。
実際に電気を地産地消使用という試みは多くの企業で実行されていますが、地域の季節の建造物を効率よく活用しておくというのは非常に利便性が高いといえます。
地域での様々なディスカッションなどによって着々と進行しているプロジェクトであり、近日完成する試みということで、防災対策としても多くの人に信頼できるものといえるでしょう。
また、団地内の断熱など様々な補修工事などをも行いつつ、最良の結果をもたらせるようにしておくというのも、非常に利便性の高いことだといえます。
多摩市内での市民団体の成功をうけて、今後様々な地域での老朽化している団地への活用例として示される期待が持てます。
近い将来に関して多くの団地がメガソーラー施設として生まれ変わる可能性も高まっているといえるでしょう。