東京における太陽光発電

東京都では、住民の住宅用太陽光発電システムの導入について補助金制度を設けて、その普及を図っています。
太陽光発電とは、太陽光発電モジュールに太陽光を当てることで、太陽熱を電力に変える発電方法を言います。
この発電方法では地球温暖化の原因である二酸化炭素を排出しないため、クリーンな再生可能エネルギーの活用であるとして、近年脚光を浴びているのです。
ただ、太陽光発電の普及率はまた低く、その設置には多額の費用がかかってしまうのが現状です。
そこで、この費用負担を少しでも軽減しようと、東京都では予算枠をとり補助金制度を設けました。
この制度に対する反響は大きく、予算枠はすぐにオーバーしてしまいました。
この東京都の補助金制度は、国の設けている太陽光発電システム設置の補助金制度との併用が可能なため、双方を利用すれば設置時の費用を抑えることができます。
さらに、東京都内の市や区でもそれぞれ補助金制度を設けているところがあるため、それらを用いれば、さらに費用を抑えることが可能です。
また、東京都では、家庭用の太陽光発電システムの普及だけでなく、企業による事業用太陽光発電システムの普及も進めています。
更に、都の有する土地を電力会社に提供することで、大規模太陽光発電所の建設計画を進めています。
大規模太陽光発電所を建設することで、安定した電力の供給を目指しているのです。
次世代の発電方法である太陽光発電が東京都内に広く普及することで、環境に優しい東京都を実現することができます。